工務店選びで失敗しないためのサイト

>

インターネットで一括検索できる

大事なポイントをきちんと決める

ここまで、工務店に頼んだ場合のメリットをお伝えしてきました。
しかしながら、気をつけてほしいことは、どこの工務店に頼んでも良い家が建つと思ってはいけないということです。
工務店だけではなく、大手ハウスメーカーであっても、過去には欠陥住宅となった大変な事件が多くあります。
工務店に相談にいったときは、依頼する前に手掛けた家を必ず何軒か見せてもらいましょう。
お願いすれば、どの工務店さんも喜んで段取りを組んで見せてくれるはずです。
そこで、実際に住んでいる人の声を聞きましょう。
これを断る工務店さんは要注意。
その工務店さんにお願いするのは、やめておきましょう。
それから、すべてに対して良いことばかり言う工務店も危険です。
予算や希望を伝えたときに、正直にしっかりと対応してくれることが大事です。

あとあと面倒なことになる家にしない

技術力が高い大工さんが、最初から最後に最後まで責任をもってつくってくれる家は、妥協がありません。
ときに、カッコいいデザインを希望しても断られることがあるかもしれませんが、その場合の多くは、家のバランスや強度などにマイナス面が発生する理由がほとんどです。
最近、近所に奇抜な家が建ったのですが、出来上がって1ヶ月しないうちに何度も何度も手直しが入っているのを見ます。
オーナーが無理を押し通したのか、設計士が失敗したのか、職人さんが失敗したのかは分かりませんが、こういうことは絶対に避けたいですよね。
誰もが終の住処にするという気持ちで建てる家ですから、しっかりと調べて、信頼できる工務店の技術力が高い大工さんに家を建ててもらうことをおススメします。


この記事をシェアする